写真及び文章の、無断転載、コピー禁止

2010年09月30日

モノクロ

DSC_0077.jpg

モノクロ写真は、ただ色を抜けばイイというワケじゃない。
イメージどおりに仕上げるためには、焼き込んでいくことも必要だ。
デジタルになっても、モノクロは手焼きが基本。
モノクロモードで撮ったり、レタッチでモノクロに変換するだけでは、作品としては物足りない。
じっくりと追い込むように作り込んでいくんだ。
そして何よりも、写真の素材が肝心。
モノクロにはモノクロに相応しい被写体を選ぶこと。
撮影時からすでに、作品のイメージがある程度は出来上がっているんだよ。
デジタルだから、レタッチでどうにでもなると思ったら大間違で、
そこらを理解しなければ、たんなる色抜け写真になってしまうんだ。

D200  VR18-200
posted by stma at 00:28| 東京 ☁| Comment(4) | カメラ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

クギヅケ

DSC_7793.jpg


パレットの隙間から覗かせた自分の前足の動きに、思わず釘付けになってしまうネコの性分。猫

D200  VR18-200
posted by stma at 19:44| 東京 ☔| Comment(2) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

未知との遭遇

DSC_2190.jpg

ネコは本能で、動くモノに何でも飛びつくと思ったら大間違い。
見なれないヤツは、ちゃんと観察して見極めようとするんだ。
好奇心と警戒心がバランスされて、本能をコントロールしながら冷静に判断する。
これが犬だったら、好奇心と警戒心と本能とがグチャグチャに入り乱れて、堪らずに吠えたり、ジタバタ取り乱したりと、途端にパニックを起こしてしまう。
犬は飼い主やリーダーに従うという社会性で、思考判断しようとする。
ネコは自分自身ですべての判断をするのだから、本能のスイッチも他人に依存する犬よりも、自己責任の重さが違うんだ。
ネコが冷静で我慢強いのは、優れた思考バランスと自己判断能力を持っているからなんだよ。

D200  VR18-200
posted by stma at 00:51| 東京 ☁| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

残暑

DSC_6641.jpg


今年はいつまで暑いんだろ。
台風が過ぎれば少しは涼しくなるかと思ったけど、また暑くなってきた。
人も大変だけど、ネコも大変だ。
少しでも涼しいところを探して、体力が消耗しないためにゴロゴロ寝るしかない。
でもまあ、ゴロゴロ寝るのはいつものことか。猫

D200  VR18-200
posted by stma at 19:46| 東京 ☁| Comment(2) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

開けて撮る

DSC_1798.jpg


50mmF1.4といったら、以前は極当たり前の標準レンズだったのだが、いまではズームレンズが当たり前になってしまったので、使ったこともないアマチュアカメラマンも多いかもしれない。
最近のズームレンズは以前と比べたら格段に画質も向上しているので、あえて単焦点の標準レンズなんて必要ないと思われがちなんだけど、絞りを開けて撮ったときの、柔らかさの中にも芯のある描写は、やはり単焦点レンズには敵わないんだ。
とくに、デジタルに特化した最近の高性能ズームレンズは、コントラストもシャープネスも強すぎるきらいがある。大口径高級ズームレンズであれば、開けて撮ったときのボケ味などはかなり良いのだけれど、単焦点レンズの柔らかさは出てこない。
この、ニコンAF50mmF1.4Dの光学系はかなり古い設計なのだが、まだまだ十分な描写性能がある。
フルサイズのD700なら、こういった単焦点レンズがそのままの画角で使えるから、いままで防湿庫の奥に追いやられていた古い単焦点レンズの出番が増えてきたんだ。
まあ、様々なフォーマットのデジカメ用にも、もっと専用の単焦点レンズが増えてくれれば、なにもフルサイズに拘る必要はないのだけどね。
利便性でズームを使うことが多いけど、やっぱり単焦点レンズを開けて撮るのが好きなんだな。

D700  AF50mm F1.4D
posted by stma at 01:50| 東京 ☀| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。