写真及び文章の、無断転載、コピー禁止

2012年06月02日

裏磐梯周辺にて

P1040235.jpg

裏磐梯周辺の山間部でも放射線量を計ってみた。
まだ残雪がちらほら残る檜原湖湖畔では、0.3μSv/h前後の数値が出ていた。
福島市や郡山市の市街地よりも低い値ではあるが、東京周辺の平均値と比べれば、やはり高い数値であることには間違いない。


P1040356.jpg

別な日に、今度は小野川湖から秋元湖へ下る林道にて計ってみると、ここでも概ね0.3μSv/h前後の線量が確認できた。裏磐梯周辺では、この程度が線量のアベレージなのだろう。


P1040361.jpg

林道を抜けて秋元湖の岸辺に出てみると、放射性物質の影響による魚の制限を示す看板が立っていた。
この場所はコンクリートブロックで護岸されているうえに道路も舗装されているので、放射線量の値も低くなっていた。
ブロックの上には、誰かの置き土産が一つ。その脇の線量はさらに低く、この程度の数値なら安心して用を足すことができるだろう。
しかし、森の中で暮らすこの置き土産の主に、森に降り注いだ放射性物質がエサとともに体内に取り込まれて、どのような影響を及ぼしているのかは、今の段階では知る由もない。
ウンチを落とした場所よりも、エサを獲ている場所の放射線量が気がかりだね。
人が食べる食料には、放射性物質が含まれないように気が遣われているが、野生動物のエサには、降り注いだ放射性物質がそのまま含まれているのは確かであろうからね。
P1040363.jpg


LX3
posted by stma at 17:41| 東京 ☀| Comment(0) | 震災 原発 放射線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする