写真及び文章の、無断転載、コピー禁止

2013年11月04日

南相馬 小さなランドマーク

DSC_6571.jpg

福島県南相馬市、沿岸部の津波で洗われた水田地帯に、ポツンと佇む真っ赤な自販機。
周辺は津波による被害と原発事故の影響で、復興の兆しすら見えていない。
この自販機は津波に翻弄されながらも、奇跡的にすくっと立ちあがった姿でこの場に流れ着いたのだろう。
以来、その後の余震にも、台風の強風にも負けず、斜めりながらも立ち続けている。
今ではちょっとばかり知られた存在になり、さしずめランドマークのような扱いになりつつあるのだろうか。
しかし、本来ならば瓦礫とともに片付けられる「物体」であり、いまだにこの場所に「放置」されていること自体、復興の遅れを象徴しているのだろう。
P1050392.jpg

復興の遅れの元凶はもちろん原発事故だ。
南相馬の沿岸部の放射線量は他の地域に比べれば比較的低いのだが、福島第一原発までの距離も近く、原発内での現状を考えれば、今現在の放射線量の数値だけで、安全であるかどうかの判断はできるわけもないだろう。
それ故、たとえこの自販機が今後も立ち続けたとしても、それは「奇跡」などではなく、愚かしさの「象徴」になるのだろう。
遠くからも目立つその真っ赤な存在が、なんとも虚しく思えてくるのだった。
DSC_5161.jpg


posted by stma at 19:00| 東京 ☁| Comment(0) | 震災 原発 放射線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

飯舘村 長泥地区への立入制限ゲート

P1050304.jpg

P1050308.jpg

福島県飯舘村の国道399号線の長泥地区へ入る北側にある立入制限ゲート。
クルマを降りて放射線量を計ってみたが、国道6号線の富岡町のゲート同様にかなり高い数値を示していた。
ゲート手前の舗装路の中央付近で5μSv/h以上を示し、左側の斜面付近では7μSv/hを超えた。
さらに斜面の地表部では9μSv/hを超える。
ゲートで警備中の職員さんの話では、左斜面の中程では15μSv/h以上あるそうで、勤務中でも斜面の方には近づかないようにしていると言っていた。
P1050311.jpg

P1050316.jpg

一見すると通行量も少ない山中のゲートで、あまり緊張感もないように見えるのだが、実のところは非常に過酷な現場であることが線量計の数値で察せられる。
避難している方々はもちろんだが、こうした警戒区域内で勤務している方々も、目には見えない被害を日々被っていると言わざるを得ないと思う。
こうした過酷な環境下なのに、警戒区域のどこのゲートでもそうなのだが、他県ナンバーのクルマで乗り付けた明らかによそ者のオイラでも、警備員さん達の対応がとても丁寧で親切なのが印象的で心に残る。
そして現状を重ねると、その心が痛くなってくるんだ。
その痛みを忘れないように、オイラはまた福島に行くのだね。

posted by stma at 00:50| 東京 ☀| Comment(0) | 震災 原発 放射線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。