写真及び文章の、無断転載、コピー禁止

2015年02月24日

常磐道 南相馬ICから浪江ICを経て、国道6号線 富岡町までの放射線量



前の記事からの続きになるが、先月、会津若松からの帰路に、暫定的に開通している常磐道 南相馬ICから浪江ICを経て、国道6号線へ抜けて富岡町を通り、その先の広野ICから再び常磐道に入るルートで帰京した。
暫定開通していた常磐道の、南相馬から浪江までの区間は通ったことがなかったので、会津若松からは遠回りになるのだが、放射線量のデータをとるために、あえてそのルートを選んでみたのだ。
南相馬ICから浪江ICまでの常磐道ではかなり横風が強くドラレコの映像でもふらつき気味で、車内の放射線量は徐々に上昇するのだが、浪江IC手前で0.9μSv/hほどで、常磐道をおりて6号線に出るまでの区間では一旦1.5μSv/hまで上昇するが、6号線まで出るとまた低くなるようだった。
そこから先の6号線の再開通した区間は、今まで数回通行した時と、さほど変わらない数値の推移を示していた。
まあ、再開通してから、ほんの数ヶ月しか経っていないので劇的な変化がないのは当然だが、車載の線量計の数値は、少しずつだが低くなっているのも確かである。
その比較のために、再開通して約一月後に往復したときの映像も貼っておきます。

常磐道の区間はほぼ予想どおりの数値だったが、今年の3月1日には全線開通となるので、いずれその区間も記録走行してみたいと思っている。






尚、線量計の数値が見難い場合は、解像度を上げて(720p以上推奨)画面を大きくして再生-してください。
ブラウザによっては正常に再生できない場合もあるようですが、悪しからずご了承ください。


posted by stma at 01:11| 東京 ☔| Comment(0) | 震災 原発 放射線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]