写真及び文章の、無断転載、コピー禁止

2005年07月07日

飲兵衛の憂鬱 その4(完)

DSCN0508.jpg
マスター自ら外に出て、お出迎えしているのに、誰も来ない。
これでは商売あがったりだ。
夜な夜な、仲間が集まって「タヌキ囃子」で盛り上がっていたけれど
ハメを外しすぎて、みんな謹慎処分を受けてしまったのである。
この店は「飲兵衛タヌキ」たちの憩いの場所なのである。
看板に書いてある店の名前を、日本語に直して逆さから読めば、明白である。
人間がこの店で飲むと、タヌキに化かされて
気がつくと公園のベンチで寝てたりするので、ご用心、ご用心!たらーっ(汗)
posted by stma at 19:49| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | タヌキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

飲兵衛の憂鬱 その3

DSCN0510.jpg
とうとう、しまい込まれてしまった。
謹慎処分である。
お日様に当たることも出来ず、風に吹かれて「ぶ〜らぶら」も出来ないのである。
しょうがないので、月夜に腹鼓を打とうとしても家人から「うるさい!」と言われるに違いない。
これでは自分の存在価値すら、わからなくなってしまうのである。
困惑した表情がそれを裏付けている。

飲兵衛の憂鬱はどこまで続くのだろう。
posted by stma at 19:03| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | タヌキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

飲兵衛の憂鬱 その2

DSCN0524.jpg
鉄の門とチェーンで結界を結ばれてしまった。
この家でも、かなり厳重に外出禁止措置がされているようだ。
夜中にそ〜っと抜け出そうとすると、足下にある植木が倒れて、家人にバレてしまうわけだな。
そのうえ、カエルの番人まで置かれている。
飲兵衛の憂鬱は、まだまだ続くのであった。
posted by stma at 19:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | タヌキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

飲兵衛の憂鬱

DSCN05251.jpg
あの〜、も〜飲み過ぎませんから・・・、
玄関先もちゃんとお掃除するし・・・、
お願いだから・・・、鎖で繋ぐのだけはやめてもらえませんか。
夜な夜な化けるのもやめるから・・・だからお願い。


鎖には、家人の強固な意思が込められている?
posted by stma at 00:49| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | タヌキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする