写真及び文章の、無断転載、コピー禁止

2013年03月11日

あれから2年

P1020862.jpg

あれから2年。
もうなのか、まだなのか、それは人それぞれで感じることは違うのだろう。
自分はジャーナリストではないし、被災当事者でもない。
それでもあのとき、そこへ行かなければならないという漠然とした衝動に駆られて、福島の被災地へ入った。
福島は母親の出身地でもあり親戚も多く、いわき沿岸部のこの場所も、かつて叔母の家があり、小さい頃に遊びに訪れた場所でもある。
震災の二年ほど前に久しぶりに訪れてみたことがあるのだが、そのときはすでに叔母の家もなく、どことなく小綺麗に整った町並みに、小さい頃の記憶がなかなか重ならず、少し寂しく感じたものだった。
しかし、震災後の変わり果てたこの場所に佇んだときには、寂しさや悲しさを越えて、記憶も感情もしばらく停止状態に落ちてしまったかのような衝撃を受けた。
そして、その現状を見て歩くうちに、被災地とそうでない地域との、震災や原発事故における感覚のギャップや風評、根拠のないデマや憶測など、事実とは異なる世迷い言が巷に蔓延していくことに、何とも言えない虚無感を覚えるのだった。

そんな世間の世迷い言に流されず、自分なりに事実を受け入れるために被災地を訪れ、その後の成り行きや推移も記憶にとどめようと、オイラは度々被災地に出向くようになったのだ。
それは被災地のためとか、世間に真実を問うといったような高尚な目的などではなく、ただ自分自身の記憶に刻むことと同時に、行きもせず見向きもせず、ただ自分の感情や思想のためだけに物を言う輩には、なりたくないってことでもある。

たとえ何もできなくても、自らの足でそこへ立ってみることが自分にとっては大事なことで、クルマに備え付けた線量計の数値の変化に憂いを覚えながら、これからも福島をはじめ各地の被災地へ出かけて、その場の空気と時間を肌身に感じていこうと思うのだ。

あれから2年だが、これからもずっと3.11は巡り、終わることも忘れることも自分にはないだろう。


posted by stma at 01:34| 東京 ☀| Comment(0) | 震災 原発 放射線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

書きたいことは数々あれど

DSC_4759.jpg

気が付けば、もう今年も残すところ一ヶ月余りとなってしまった。
こちらのブログも相変わらず滞っているが、書きたいことは山ほど在る。
山ほど在りすぎてまとまりきれずに、ついつい疎かになってしまっているのだ。
・・・なんて言うのは、たんなる言い訳。。
でも、書きたいことは確かにたくさんあるんだ。
ずぼらな性格故に、ついつい時機を逸してしまっているのが実状で、微妙な時勢のこともあり、ズルズルと先延ばしになってしまっているコトが多い。
たとえば、震災瓦礫にまつわる放射線問題とかね。今年は福島県以外にも各地に出向いて見聞してきた。
まあ、世に問いかけるような崇高なビジョンを持っているワケでもなく、たんに自分が知りたいだけで飛び回っているだけだから、気が向いたときに書き出せばイイことなので、焦ることもなくズルズルと放って置きっぱなしになってるんだな。
しかし、今年も残り一ヶ月だから、そろそろ総括していかなければならんだろうね。
でもまあ、あわてずあせらずじっくりとやっていこうと思う。。
皆様も見捨てることなく、なが〜い目で見守っておくんなさいまし。

DSC_4882.jpg

岩手県の陸前高田市。はじめの写真にある一本松は保存処理のために切られてしまい、いまはこの場所にない。
市街地には瓦礫の山と広大な空き地のなかに、取り残された大型建造物だけがオブジェのように点在していた。



DSC_3718.jpg

福島県いわき市の震災瓦礫置き場。放射線量はそれなりの数値を示していた。



P1040729.jpg

宮城県石巻市の震災瓦礫からは、北九州の一部で騒がれたような放射線量は検出できなかった。



P1040775.jpg

宮城県女川に在る原子力防災対策センターは津波で甚大な被害を受けて、その機能を果たすことはできなかった。



P1040802.jpg

女川原発。津波による被害は些少で、見た目にも平常時の様子を窺わせているが、その周辺地域の津波被害を検証すれば、女川原発の震災被害の小ささが奇跡的で、その危うさが浮き彫りになることが判る。



P1040551.jpg

茨城県北茨城市、五浦六角堂。津波によって流失してしまった六角堂は、すでに再建されはじめている。
しかし、この周辺も放射線量は比較的高い数値を示していた。



P1040616.jpg

茨城県日立市。この辺りの放射線は低い数値であった。



P1040633.jpg

茨城県守谷市、常磐道 守谷SA。この辺りも首都圏では放射線量が高めの地域である。



P1040391.jpg

神奈川県川崎市。ウチの近所を流れる多摩川の対岸に在る河川敷のホットスポット。
福島第一原発から200km以上離れたこの場所でも、放射性物質が集まってしまうとこの数値を示す。

個々のことは、そのうち記事にしてみようかと思っている。
まあ、そのうちにね。

posted by stma at 17:26| 東京 ☀| Comment(0) | 震災 原発 放射線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

明日はどこまで行くのやら

P1040886.jpg

まあ、危険でなければどこへでも行く。
危険であるかどうかは、自己判断で決める。
自己判断のための、自分なりのデータ取りはだいたいできてきた。
何事も他人任せではラチのあかない世の中で、不確かな情報やデマに踊らされるのはまっぴらだからね。
踊らされるのはイヤだが、地面にはいつくばるにも、それなりの判断が必要な場所もあるってことは事実だ。
不確かな世の中で確かな情報を得るには、自分の足と目で確かめてみることが一番。
ウダウダと体制を批判したり、チンタラと集ってみたりするのは性に合わないしね。
自己判断は自己責任だから、自分のデータを他人に勧めることもしない。
あくまで自分のやりたいことや言いたいことのためのデータだからね。
だから明日も行きたいところがあれば、どこへでも行ってくるってワケさ。
posted by stma at 01:26| 東京 ☔| Comment(0) | 震災 原発 放射線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

喜多方にて

P1040284.jpg

福島県の喜多方といえば全国的にもラーメンが有名で、市内には数多くのラーメン屋が在るのだが、喜多方ラーメンの特徴は太めの平麺にあって、スープの味は店それぞれ違いがあり、けっこう好みの分かれるところでもある。
そんな数多い喜多方ラーメンの中でも、オイラの好みは『坂内食堂』のラーメン。豚骨だしのスープなのだが、ドンブリの底が見えるくらい透き通ったあっさり豚骨スープなのだ。でも、あっさりと言っても、しっかりと出汁が効いている。
そして、そのメニューのなかでも『肉そば』が一押しで、まあ、平たく言えばチャーシュー麺なのだが、麺が見えないほどタップリとチャーシューがのせてあるのだが、そのチャーシューも柔らかくコクはあるがしつこさのないさっぱり味。あっさりスープと相まって、朝から食べられるラーメン『アサラー』として、坂内食堂は朝早くから営業している。
P1040279.jpg

コッテリ系のラーメンが好みなら物足りなさを感じるかもしれないが、最近ありがちな凝りすぎて複雑すぎる味の創作ラーメンなんかよりも、シンプルで食べやすい味がオイラは気に入っている。

そんな坂内食堂は喜多方ラーメンの中でも人気があって、土日や連休になると店先に長い行列ができるほどの盛況ぶり。
今年のゴールデンウィークに訪れたときには、時折小雨が降るあいにくな天気にもかかわらず、2時間待ちの行列ができていた。
P1040343.jpg

その行列に列びながら放射線量を計ってみたが、この程度の線量なら長時間に渡って列んでも、安心して喜多方ラーメンを存分に堪能できるだろう。
P1040348.jpg

オイラはそれほどラーメン通ではないけど、ここのラーメンは何度でも食ってみたくなるんだよね。
まあ、ラーメンに限らず安全だとわかれば、福島の物は何でも食べるけどね、オイラは。
P1040350.jpg

肉そばにピリ辛ネギをのせた『ネギチャーシュー』もおすすめだ。
ラーメン通は安心して喜多方へ行くべし。

LX3
posted by stma at 20:18| 東京 ☔| Comment(0) | 震災 原発 放射線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

東北道 安積PAにて

P1040531.jpg

東北道の安積PAは福島の郡山市内に在るため、東北道のPA、SAの中でもとくに放射線量が高い。
パーキングエリアの舗装されている敷地の空間線量でも、線量計の数値が0.8μSv/hを超えてくる。
P1040532.jpg

P1040535.jpg

未舗装の草地に出てみると、さらに線量計の数値が上がって1.0μSv/hを超える。
地表近くまで線量計を下げてみると、1.5μSv/hを超えてしまった。
P1040542.jpg

高速道路のパーキングエリアということを考えれば、ドライブ中に一時的な休息などで立ち寄ることが一般的で、連日に渡って長時間滞在することは無いので早急な問題も無いのかもしれないが、ここに勤務している施設の従業員も居るわけだから、長い目で見ればそれなりの対策も必要なんじゃなかろうか。
パーキングエリアという限られた敷地内なのだから、簡易的にも除染を施すことができると思うのだけどね。
福島県内では、居住区域でもこの程度の放射線量のところが存在しているし、もっと高い地域もあることは周知の事実だが、この程度の数値は当たり前といって感覚的になれてしまうのはマズイのではないかと思う。
もっとも、ピリピリと神経質になってしまうのも問題かもしれないが、事実を検証する問題意識だけはしっかりと維持した方がイイと思うのだ。
現地に在住していない者の外野的な戯言かもしれないが、こうした現実に触れるにつれ、福島の現状は気の毒でならない。

LX3
posted by stma at 01:39| 東京 ☀| Comment(0) | 震災 原発 放射線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

会津若松にて

P1040521.jpg

会津若松にて、所用の合間に近隣の七日町周辺を歩いてみた。
七日町は会津若松よりJR只見線で一つ目の駅で、レトロな町並みが残る、会津若松の中でも人気の観光スポットでもある。
今回は所用のついでということもあり、サラリと流す程度に放射線量を計りながら歩いてきた。
会津若松は第一原発より100kmほど離れており、原発事故の影響は地理的条件や風向きなどによって、同じ福島県内の郡山や福島市などの中通り地方よりも少ない傾向にある。
場所によっては少し高めのところもあるようだが、栃木や群馬、そして東京近郊のホットスポットなどよりも低い数値なのだ。
P1040520.jpg

『FUKUSHIMA』という言葉が原発事故の代名詞になってしまったのは事実だが、福島県内がすべて危険というわけではない。
放射線の影響が皆無というわけでもないが、現状では日常生活に支障が出るほどではないことは確かなようだ。原発事故によって避難を強いられている地域の仮設住宅も近隣にあるが、この周辺なら数値的には安心できるだろう。
P1040526.jpg

しかし、放射線量も未だ高く除線を必要とする地域もかなり在る中通りの福島市や郡山市にも、原発事故によって避難している被災住人が数多く暮らしているが、生まれ育った地元から遠く離れたくないというのが避難民の心情でもあり、安全とわかっていても遠く離れて慣れない雪に苦労をしたりすることの方が負担に感じる避難民も多いと聞いている。
端から見れば、なぜ放射線量の高い地域から逃げずに暮らし続けるのかという疑問もあるだろうが、被災地の地元住人の感情というのはそれほど単純なことではない。
非難の矛先を誰かに向けていれば気が済むということだけではない現実が福島には在る。
そのようななかでも、会津若松の観光業は予想以上の復調傾向にあるという。福島や東北各地に観光客などの人たちが戻りつつあることは良いことだと思う。震災によって大打撃を受けてしまった産業の復興にも、まだまだかなりの時間が必要であろうし、支援のあり方にも問題が山積している。
しかし、観光の復興ということでは、今まで通りに観光に出かけるだけでも、個人レベルでの直接的な復興支援につながる。すべてが危険だと言って敬遠するだけでなく、実態に即した行動をとることが肝要だとオイラは思う。
様々な風評で福島のあらゆる産業や生産物が敬遠されているが、「FUKUSHIMA」を反原発、脱原発の「ダシ」としてだけ取り上げるのではなく、福島の現状を正しく理解して、突き付けられている現実を棚上げすることなく、福島県民をはじめ被災者の感情を酌み取りながら、復興支援の在り方を考えるべきではなかろうか。
P1040513.jpg

官邸前に集うのも大事だが、福島にもっと目を向けることも大事なことだ。
できることなら福島に行って実状を観てみるべきだね。
何がダメで何は大丈夫なのか、しっかりと把握しなければ福島を救うことはできないのではなかろうか。
福島を置き去りにした反原発や脱原発なんてあり得ないと、オイラは思うのだ。

LX3
posted by stma at 00:39| 東京 ☀| Comment(0) | 震災 原発 放射線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

磐越道 五百川PAにて

P1040500.jpg

先日、福島の会津若松へ所用があって行ってきた。
行きすがら、いつものように放射線量を計測しながらクルマを走らせていたのだが、当日はあいにくの雨模様だったので、クルマを停めて車外での計測はなかなか思い通りにならなかった。
今回は、東京から常磐道を通りいわきを経由して会津若松へ向かったのだが、水戸を過ぎる頃からかなりの大雨になってしまい、途中いわき市周辺での計測は断念して、そのままクルマを走らせて磐越道へ入り会津へ向かった。

要所々々における車外に出ての計測は思い通りにはならなかったが、走行中の車内での計測では、常磐道の茨城に入った辺りと日立を過ぎて北茨城に差し掛かった辺りで、線量計の数値が少し上昇した。
福島に入っていわき周辺になると、意外と放射線量は低めに推移する。以前にいわき市周辺で計測したときにも、第一原発に近い割には、その放射線量は思っていたよりも低い数値であった。
しかし、常磐道から磐越道に入って西に向かい三春町を過ぎる辺りになると、徐々に数値が上昇し始め、郡山ジャンクションに近づくと急激に数値が上がってくる。
東北道から福島に入るときにも、那須を過ぎる頃から徐々に放射線量が上昇し始め、郡山手前に差し掛かると数値が急上昇し始める。
やはり郡山周辺の放射線量がかなり高いことは、高速道路を移動中のクルマの中でも、線量計によって知ることができるのだった。

郡山ジャンクションを過ぎると雨が小降りになったので、直近の五百川PAに寄って放射線量を計ってみることにした。ここは郡山市街から西へ少し行ったところだが、郡山市街に比べれば放射線量は少し低めではあった。
P1040501.jpg

しかし、コンクリートなどで整地された敷地から、草の生えている土の地面へ出てみると、やはり数値が上昇する。ほんの数メートル移動しただけでも、数値は倍以上も変化するのだ。線量計を地表に置いてみると、さらに上昇する。
P1040503.jpg
P1040506.jpg



高速道路のパーキングエリアの狭い範囲内でも、これほど放射線量の数値に差が出てくるのだから、各地域で公表されている放射線量なども、何処でどのような条件で計測しているのかによって、その数値に差が出てくるのは確かなのだ。
公表されている数値に偽りはなく正確だとしても、その一つのデータだけですべてを推し量るにはムリがあるってことがわかる。とくに放射線量の高い地域では、その数値の差もかなりあるので、汚染度の傾向を知る上でも、こまめに計測することが必要だと思うワケだ。
でもそれは神経質にってワケじゃなくて、現状をしっかり把握したいからだよ、オイラの場合はね。
P1040507.jpg

ちなみに線量計をRADEXのRD1706にしてみた。こっちのほうが昼間の撮影では、液晶画面の数値が見やすいからだ。いままでのSOEKS 01Mも満足のいく性能なのだが、写真に撮ると画面が見にくかったりしたので、これからはRD1706とケースバイケースで使い分けていこうと思っている。
これはオイラのこだわりだね。

LX3
posted by stma at 01:25| 東京 ☁| Comment(0) | 震災 原発 放射線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

裏磐梯周辺にて

P1040235.jpg

裏磐梯周辺の山間部でも放射線量を計ってみた。
まだ残雪がちらほら残る檜原湖湖畔では、0.3μSv/h前後の数値が出ていた。
福島市や郡山市の市街地よりも低い値ではあるが、東京周辺の平均値と比べれば、やはり高い数値であることには間違いない。


P1040356.jpg

別な日に、今度は小野川湖から秋元湖へ下る林道にて計ってみると、ここでも概ね0.3μSv/h前後の線量が確認できた。裏磐梯周辺では、この程度が線量のアベレージなのだろう。


P1040361.jpg

林道を抜けて秋元湖の岸辺に出てみると、放射性物質の影響による魚の制限を示す看板が立っていた。
この場所はコンクリートブロックで護岸されているうえに道路も舗装されているので、放射線量の値も低くなっていた。
ブロックの上には、誰かの置き土産が一つ。その脇の線量はさらに低く、この程度の数値なら安心して用を足すことができるだろう。
しかし、森の中で暮らすこの置き土産の主に、森に降り注いだ放射性物質がエサとともに体内に取り込まれて、どのような影響を及ぼしているのかは、今の段階では知る由もない。
ウンチを落とした場所よりも、エサを獲ている場所の放射線量が気がかりだね。
人が食べる食料には、放射性物質が含まれないように気が遣われているが、野生動物のエサには、降り注いだ放射性物質がそのまま含まれているのは確かであろうからね。
P1040363.jpg


LX3
posted by stma at 17:41| 東京 ☀| Comment(0) | 震災 原発 放射線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

郡山駅前にて

P1040248.jpg

福島市内に続いて郡山駅前の線量も計ってみた。
福島の都市部の中でも、郡山周辺はかなり放射線量が高い。
水捌けのよい舗装された駅前周辺でも、線量計の数値が0.5μSv/h以上をキープしていた。


P1040251.jpg

西口駅前広場のベンチに座ってしばらく線量計の様子をみていると、徐々に数値が上昇して0.7μSv/hを超えてしまった。
周りを見ても、とくに放射性物質の留まりやすい植え込みなどの土が露出しているところもないのに、このような高い数値が計測される。


P1040261.jpg

ためしに庇の出ている駅舎の軒先に入ってみると、スルスルと数値が下がってくる。
屋外であっても頭上を覆う屋根があれば、空から降ってきた放射性物質が遮られて、線量の数値はいくらか低くなるようだ。


P1040263.jpg

しかし頭上を覆う屋根がなければ、たとえビルに囲まれた狭い通路であっても、やはり数値は上がってくる。
そして、その通路脇にある植え込みに近づいてみると、さらにグンと数値が跳ね上がった。
P1040274.jpg

P1040273.jpg

その脇には駅舎に併設されているレストラン街の出入り口があり、頻繁に人の出入りがあるのだ。
このような環境にあっても、人々の変わらぬ日々の日常が続けられているわけだ。
福島に突き付けられた課題は多く、それを宿題にして後回しにすることはできないだろう。
「がんばれ」とか「がんばろう」という言葉だけでは片付けられない現実が、福島にはある。
だからこそ、今の福島を正しく理解する必要があるのだと思う。
そして『あきらめない福島』を、これからも見続けていきたいんだ、オイラはね。
P1040259.jpg


LX3
posted by stma at 00:51| 東京 ☀| Comment(0) | 震災 原発 放射線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

福島市内にて

P1040204.jpg

福島市内で所用を済ませてから、少しだけ周辺の放射線量を計ってみた。
通りを少し歩いただけだが、場所によって線量にけっこう差があるようで、ほんの数メートル、場所によってはほんの数十センチくらい移動しても、線量計の数値が大きく変化する。
クルマで走行中のときでも頻繁に数値が上下していたが、歩いてみてもその傾向は変わらなかった。
とくに線量が高くなるのは植え込みや空き地などの土が露出しているような場所で、なぜか交差点周辺も少し高い放射線量が確認できた。
土などが露出しているところは雨水が染み込むので放射性物質も貯まりやすく、放射線量が高くなりがちなのはわかるが、交差点付近が高くなるのはなんなのだろう。クルマの往来が関係しているのだろうが、ハッキリとした理由は、オイラにはわからない。
まあ、福島市内の隅々まで計ったわけではないので、たまたまこの周辺だけの傾向なのかもしれないが、、平均的にも放射線量が高い傾向であることには間違いなく、そのような環境の中で日々の生活を営まざるを得ない状況が、これからも続いていくのだろう。


P1040205.jpg

P1040214.jpg

P1040209.jpg


LX3
posted by stma at 22:58| 東京 ☁| Comment(0) | 震災 原発 放射線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする