写真及び文章の、無断転載、コピー禁止

2012年05月23日

避難区域外でも

P1040189.jpg

三春から福島市方面にクルマで移動する途中、放射線量の比較的高い地域を通り抜けて行く。
走行中のクルマの中でも線量計が所々で強く反応しはじめたことで、その地域に差し掛かったことを知ることが出来る。


P1040195.jpg

しかし、その数値は高めの所と低めの所と、その場所によってかなり差があるようで、なかには避難区域外といえどもかなり高い数値の所もあるようだった。
そんななかで、車内でも高めの反応があった場所でクルマを止めて車外に出てみると、やはり線量計の数値がグンと上がってくる。


DSC_4078.jpg

周りの地形を観てみると小高い丘や山に囲まれた谷戸のような場所なので、雨や風で周辺の放射性物質が集まりやすいのだろう。
こういった場所では時間の経過とともに、線量が低くなるどころか上がってしまうこともあり得る。
事実、福島から遠く離れた首都圏でも、雨水の集まる排水溝などで高い放射線量が測定されたりするのだから、放射性物質は定着するのではなく条件によっては流動的で、時間の経過とともに徐々に集まり蓄積されると、放射線量の高いホットスポットを形成するのは、もはや周知の事実だ。
ただ、首都圏のホットスポットと違うのは、福島ではその放射性物資の降り注いだ量が桁違いに多いということで、たとえ同じ線量数値だとしても、首都圏のような凝縮された線量のホットスポットと、福島のように平均数値が高い場所での、たまたま線量が高くなってしまった場所とでは、線量計の指す数値が同じでも、その影響力は段違いに違うはずだ。もちろんアベレージの高い福島の方が影響力が高いってことだ。


DSC_4079.jpg

それなのに、都心部でこのくらいの数値が出ると大騒ぎになるが、福島では避難区域外でもこのくらいの数値はそこかしこでみられ、普通に人が歩きクルマが行き交っている。
それがいったいどういうことなのか、経過とともにいろいろと検証しなければならないだろうと思う。

D700  Tokina 11-17fisheye
LX3
posted by stma at 02:22| 東京 ☁| Comment(0) | 震災 原発 放射線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

三春の滝桜

DSC_3888.jpg

ゴールデンウィークの前半に、福島県の三春町にある滝桜を観に行ってきた。
樹齢千年を越えるといわれるみごとな枝垂れ桜。例年だとゴールデンウィークにはすでに花が散っていることが多いのだが、今年は開花が遅れていたので、連休入りの頃まで見頃が続いてくれた。
昨年は震災のために観光客の数もかなり少なくて、夜間のライトアップなども中止になっていたようだが、今年は連休まで見頃が続いたせいか観光客の数も多く、見頃がずれ込んだため、ライトアップの期間も連休入りまで延長されていた。
オイラが現地に到着する頃もすでに夕暮れ近くだったが、ライトアップの期間中ということもあり、駐車場の手前の道路はかなり渋滞していて、駐車場に車を止めるまで一時間ほど待たされたために、あたりはすっかり暗くなってしまった。
しかし、渋滞の車中からでも、ライトアップで暗闇に浮かび上がる滝桜が見えてくると、その荘厳な姿にすっかり見入ってしまうのだった。


DSC_3881.jpg

少し離れた駐車場に車を入れてから、観桜料300円也を払って公園内に入って歩いていくと、少し開けた丘の斜面に、ライトアップされた大きな枝垂れ桜が闇夜に浮かんでいた。
日本三大巨桜の一つに数えられるだけあって近づいていくと、その見事な枝振りと幹の大きさ、そして折り重るような枝と咲き誇る花びらが織りなす姿は、まさに豪快な滝の流れのようであった。
その周りを取り巻くように観光客がひしめいていたのだが、桜を撮影しようとするデジカメや携帯の青白い光が、さながら滝の流れに舞う蛍のようでおもしろかった。


DSC_3924.jpg

さらに近づいてみると、千年の歴史を感じさせる太く逞しい幹とは対照的に、細く流れるような枝に咲く桜の花びらは、とても優しくしなやかで可憐な感じがした。
すでに盛りを過ぎているのか、微かな風にもはらはらと小さな花びらが舞い散り、人出は多かったものの、日本人が魅了される桜木の風情を十分に感じることができた。


DSC_4027.jpg

そして、その見事な姿を観たら、やはりライトアップで演出された姿だけではなく、滝桜そのものの姿を観たくなって、翌朝、再び訪れてみた。
明るい日中に見てみると、花はだいぶ散っているようだったが、見事な幹と枝振りはさらに際だって、樹齢千年という時の流れに思いを馳せることができた。


P1040170.jpg


しかし、その千年という歴史の中に、原発事故による放射能汚染という汚点を我々現代人が付けてしまったと思うと、この木を守ってきた先人たちと、これから守っていく子孫たちに、なんとも申し訳ない気がしてくる。
いつ消えるともわからない放射線の中にあっても、これからもこの桜は花を咲かせてゆくのであろう。
その桜を、未来の子孫たちにも安心して愛でることができるように、あらゆる努力をオイラたちもしていかなければならないだろうね。


D700  VR24-120
LX3
posted by stma at 02:09| 東京 🌁| Comment(0) | 草花、木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

曖昧な記憶の風景

DSC_7440.jpg

いつか見たことのある風景だと思ってシャッターを切ったのだが、いつどこで見たのか思い出せない。
もっとも、はじめて訪れた場所なのだから、その風景そのものは、いままで見たことあるはずがない。
でも、なんだか懐かしいような不思議な感覚に、曖昧な記憶の奥底をかき混ぜられているようだった。
そんな曖昧な記憶の断片が見せる幻想を、写真の中に追い求めることもあるのだろう。
それが写真を撮る楽しみでもあり、みる楽しみでもある。

D700 VR24-120
posted by stma at 01:28| 東京 ☀| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

瓦礫に思う

DSC_2256.jpg

被災地を歩いて廻ると、瓦礫がただの廃棄物ではないことがよくわかる。
その解体や廃棄については、被災者も断腸の思いで同意したケースも多いだろう。
しかし、その膨大な瓦礫の処分や取り扱いについては、難題が山積していることも事実だ。


DSC_2270.jpg

被災地域以外での受け入れや取り扱いに対する様々な意見や議論はごもっともだと思うが、国の政策や東電の責任などを風評の免罪符にして、行き場を失った瓦礫はともかくとしても、被災者の気持ちのやり場をも失わせてしまうようなやり取りになってはいまいか。


DSC_2063.jpg

被災地から集められた瓦礫は、たんなる『ゴミ』や『廃棄物』ではナイということに、もう少しの配慮があってもイイのではないかと思う。


posted by stma at 01:21| 東京 ☀| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

風化

DSC_1946.jpg


DSC_2313.jpg

時間は止まってしまったようでも、じつは容赦なく流れすぎてゆく。
記憶は留めることは出来るが、時間を留めることは出来ない。
やがて時間の経過とともに、記憶もくすむように薄れてくる。
風化だ。
風化させないように、記憶を写真で留めておこうと思う。



DSC_1920.jpg


DSC_2325.jpg

それでも、時の流れは容赦なく物も記憶も風化させようとする。
だからこそ、その変化も含めて、継続的に写真で記憶を記録してゆく必要があるのだ。


D200 VR18-200
posted by stma at 02:10| 東京 ☀| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

3.11

DSC_1408.jpg

あのとき、止まってしまった時間がある。
いや、止まってしまったのは時間ではなく刻まれた記憶なのかもしれない。


DSC_1295.jpg

記憶は時の流れに流されてゆくものである。
流されることで、その辛く悲しい記憶から立ち直ることも出来る。


DSC_1172.jpg

しかし、忘れてはならない記憶もあるはず。
悲しく辛い記憶は時の流れに癒し、忘れてはならない記憶は記録に変えて残してゆかなければならない。
だからこそ、記憶を拾い集めて記録してゆこうと思う。


DSC_1183.jpg




それぞれの時刻のズレが、起きたコトの大きさを物語っているようだった。

D200 VR18-200
D700 AF18-35D
posted by stma at 20:41| 東京 ☁| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

線量計を持って福島へ

先日、所用があって福島の郡山市へ行ってきた。
昨年の震災以来、福島へは度々出向いているが、今回は線量計を持参してみた。
原発事故による放射性物質の汚染はすでに周知の事実であり、その放射線量なども地域の自治体などからリアルタイムで公表されているので、なにも自分で計る必要もないのだが、そこは何事も自分の目で確かめたいという性格故である。
そもそも、線量計を購入したのは、日々の放射線量が気になるということよりも、福島県内の被災地などへ出向いたときに、自分への判断材料にするために線量計が必要となったからだ。
現場に立って肌で空気を感じながら撮影するのが自分の写真行為の基本だが、さすがに放射線を肌で感じ取ることはできないし、ましてや肌で感じるような放射線量なんて地獄の沙汰だ。
肌で感じ取ることはできなくても、事実としては残念ながら原発事故に伴う放射性物質による汚染は広範囲に及んでいるし、地域によっては危険なレベルの放射線量が存在しているわけで、そのような現場に出向いていくには、やはり自らが現状を確認、把握して様々な判断をすることも必要になってくるということだ。
これは、見えない放射線を写真に取り込んでいくことも、これからの自分の写真テーマには必要なことと考えているからで、線量計は事実から逃げるためではなく、積極的に関わっていくために必要となったのだ。

P1040027.jpg

まず数値を判断材料とするには、比較検討するための基準データも必要だ。そして、簡易型の線量計には誤差や癖もあるので、その計測方法や特性なども掴んでおく必要もあるので、できるだけ多くのデータをサンプリングしていくことが有効だろう。
それに、その使い方を熟知していくと、ネット上などにUPされている、簡易型の線量計による個人計測の結果などの記事の中にある、誤解を招くような『誤計測』や作為的な『やらせ計測』なども見抜くことができるようになる。
そのようなデマまがいの情報に惑わされないためにも、自らが計測してデータ化する意味があるのだね。

上の写真は自宅付近でのものだが、場所によって数値のばらつきもあるし、機種による数値の誤差や癖も顕著に表れるけど、こうしてデータを収集していく度に、データとしての精度も上がってくると思う。
精度が上がるとはいっても、正確な数値を求めているのではなく、あくまで判断材料の目安としてのデータ収集だけどね。
安価な簡易型の線量計で微細な線量を正確に計る気はないし、アベレージでどの程度かというデータと、現場に出向いたときにその時点でどの程度の線量なのか、そしてそれが危険が伴う数値なのかという判断をすることができればいいのだ。
そういった意味では、簡易型の線量計でも十分に役に立つというか、そのような目的で製作された機種が多いだろうし、使い方や使い道を誤ると、先に記したとおりに誤解を招いたり、いらぬ心配事を増やしたりするので注意が必要だと思うね。



P1040141.jpg

そして先日、線量計を手に入れてから初めて福島に行く機会があったので、データ収集もかねて持参したのだ。
現地へはクルマで行ったので、走行中の車内や途中のサービスエリアなどでも計測しながら現地へ向かった。
東京を出発して東北道にのって北上していくと、宇都宮をすぎた辺りから少しずつ線量計の数値に変化が出てきた。
深夜に那須高原サービスエリアに到着して車外に出てみると、上の写真のとおり明らかにその数値が上がった。
車内では東京と比べて僅かな変化量だったが、やはり車外に出るとグンと数値が上がるようだ。
その後、福島県に入ると走行中の車内でも数値が上がりはじめ、東北道を下りた郡山南インター付近では、車内でも0.4μSv/hを超える数値が確認できた。
走行中なので写真は撮れなかったが、車内でその数値なのだから、外ではもっと高いであろうことは疑いないだろう。
そして、郡山の市街地に入ってくると、その数値が頻繁に変化するが全体的には低くなり、比較的狭い地域内でも放射線量にかなりの差があることも確認できた。



P1040152.jpg

現地に到着した翌朝、雨だったので車内で計測してみると、センターコンソール付近に置いた線量計は0.25μSv/h辺りで落ち着いていたが、サイドウィンドウガラスに近づけてみると、上の写真のとおりにグンと数値が上がってくる。



P1040165.jpg

午後になると雨があがったので車外で計測してみると、車内で計ったときよりもさらに数値が上がり、0.4μSv/hを超えて、線量計の線量レベルを示すインジケータ色も、低レベルのグリーンから中レベルを示す黄色に変化したのだった。
今回は所用のついでなので時間もあまりなく、当日は雨とということもあって十分な計測はできなかったものの、やはりそれなりに高めの線量が確認できた。
地元の自治体が公表している数値とほとんど差はなかったが、やはり現場で実際に計測すると、その場のリアルさがヒシヒシと感じられるのは確かなのだ。

そしてこれからも、福島にはちょくちょくと出向いて行くことになるだろう、オイラはね。


LX3
posted by stma at 19:45| 東京 ☁| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

暮れゆく時間

DSC_3510.jpg

光と闇とが鬩ぎ合う時間。
沈んだ太陽を追いかけるように、一筋の飛行機雲が天上より青黒き闇を曳いて延びてゆく。
やがて夜の帳が下りる頃、一番星とともに街の灯が点り、寒く長い夜がはじまる。
寒いのはイヤだが、長い夜はそれほどキライじゃない。

DSC_3572.jpg


D700  VR24-120
posted by stma at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

カベを乗り越えろ

PB030173.jpg

人生には乗り越えなければならないカベがある。
ネコにも乗り越えなければならないカベがある。
まあ、乗り越えてはいけないカベもたまにはあるけど
ネコのようにしなやかにかろやかにヒョヒョイのヒョイと
今年もまた、いくつかのカベを乗り越えていければイイな。

PEN E-P1  Pana14mm F2.5
posted by stma at 04:06| 東京 ☀| Comment(2) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

迷彩

DSC_3441.jpg

三毛さんがこういうところにいると、迷彩模様になって見逃してしまうことが多い。
猫や犬は、人間に馴れるようになってから、本来の毛色から様々に変化したと聞いたことがあるが
もともとは猫の毛色にも、掛け合わせによる変化だけではなく、ちゃんとした意味があったのだろうな。

D700  VR24-120

posted by stma at 01:34| 東京 ☀| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。